iPhoneで水中撮影をする

iPhoneは防水機能が無いので水中撮影はそのままではできません。しかし、海や山などで水中撮影をしたいというニーズが高いです。

iPhone7情報サイトです。

そこで注目されているのが防水、耐衝撃ケースです。

防水タイプのケースはよくありますが、水中撮影ということで考えると耐衝撃性能も無いと不安と言えます。

iPhone7の特徴をご紹介するサイトです。

それは海や河で撮影する際には水流が激しいこともあり、耐衝撃性能がないとケースが歪んだり、浸水を起こすからです。

iPhone用の防水ケースはほとんどが耐衝撃性能も兼ね備えているタイプが多いですが、安価な商品は耐衝撃性能が無い場合もあるので注意が必要です。


iPhoneで水中撮影する際の注意点はiPhone側でカメラレンズ部分が汚れないようにすることです。

ケースにいれると殆どの場合、iPhoneは外すことがないのでカメラレンズは特に綺麗にしてからケースにいれることが大事です。

iPhone6sの機種変更の評判が高いです。

ケース側のレンズは水洗い、洗剤洗いが出来る場合が多いので問題となりません。静止画撮影についてもケース無しでの撮影と同じレベルで撮影できますし、動画についても十分な撮影性能があると言われています。

水中撮影では専用のアタッチメントも販売されていますが、大きいですし、値段もかなり高いので数十メートルの撮影を求めないなら防水ケースで十分な性能があると考えて良いようです。


ただし、水中撮影はブレとの戦いでもあるので撮影する際にはゆっくりとした動作が必要となりますのでケースの形状にも注意したいところです。